MENU

ステインが原因で歯が黄色くなる

歯が黄色く汚れているとあまり見栄えがよくないですよね。歯磨きをしていないのではないかと不潔に思われることもあります。できることなら白くて綺麗な歯になりたいと思っている方も多いです。そのようなキレイな歯にするにはどうすれば良いでしょうか?まずは歯が黄ばんでしまう原因を知ることが大切です。

歯が黄色くなるのはステインという着色汚れが原因となっています。皆さんもステインという言葉を聞いたことがあるかもしれません。

コーヒーや紅茶、カレー、チョコレートといった色の濃い食べ物や飲み物を好む人は歯が黄ばみやすいと言われています。唾液の中には歯のエナメル質を守るペリクルというタンパク質が含まれています。ペリクルはこれらの食品を吸着する性質があり、それがステインとなります。さらにペクリルはエナメル質に定着する性質もあるため、ステインが歯に付いてしまうのです。飲食物だけでなく、煙草のヤニなども同じようにステインとなり、歯が黄ばむ原因となります。


ステインを取り除くならこのホワイトニングジェル