MENU

歯が黄色くなる原因はステイン

歯が黄色く汚れているとあまり見栄えがよくないですよね。歯磨きをしていないのではないかと不潔に思われることもあります。できることなら白くて綺麗な歯になりたいと思っている方も多いです。そのようなキレイな歯にするにはどうすれば良いでしょうか?まずは歯が黄ばんでしまう原因を知ることが大切です。

歯が黄色くなるのはステインという着色汚れが原因となっています。皆さんもステインという言葉を聞いたことがあるかもしれません。

コーヒーや紅茶、カレー、チョコレートといった色の濃い食べ物や飲み物を好む人は歯が黄ばみやすいと言われています。唾液の中には歯のエナメル質を守るペリクルというタンパク質が含まれています。ペリクルはこれらの食品を吸着する性質があり、それがステインとなります。さらにペクリルはエナメル質に定着する性質もあるため、ステインが歯に付いてしまうのです。飲食物だけでなく、煙草のヤニなども同じようにステインとなり、歯が黄ばむ原因となります。

ステインを除去して歯を白くする

歯が黄色くなる原因はステインです。このステインを除去すれば歯が白くなることが分かります。ステインが歯についてすぐなら落とすことができます。しかし、慢性的にステインが出来やすいものを摂取していると少しずつステインが定着してしまいます。

歯を白くしたくて毎日歯を磨いてもなかなか白くならないという悩みを持っているのではないでしょうか? 一度歯にガッチリ定着してしまったステインは、通常の歯磨きだけでは落ちにくいのです。

黄色くなってしまった歯は、通常のブラッシングではなくホワイトニングを行わないと白くなりません。ホワイトニングというのは歯を白くする方法のことです。例えば、歯科医院で行うオフィスホワイトニング、自宅で行うホームホワイトニングなどがあります。

オフィスホワイトニングは歯医者に行って、薬剤を使ったクリーニングをしてもらいます。1回で数万円から10万円以上もかかります。費用はかかりますが、1度クリーニングをしてもらうと、効果が出るのは早いです。

オフィスホワイトニングはとても高額なので、安価なホームホワイトニングが登場しました。ホワイトニング用のジェルや歯磨き粉で歯をクリーニングするもので、3千円くらいから発売されています。オフィスホワイトニングと違い効果がでるまで1ヶ月くらい続ける必要があります。時間はかかりますが、歯を磨くだけなので大変ではありません。

ステイン除去におすすめの歯磨き粉とは?

ステインを除去するには、普通の歯磨き粉でブラッシングするだけでは難しいです。ステイン除去すると宣伝している市販の歯磨き粉は数百円程度からありますが、あまり使わない方が良いでしょう。

市販のものは数百円で買えるので試した人も多いと思いますが、ほとんど効果がなかったのではないでしょうか?市販の安い歯磨き粉はステインを除去するために研磨剤やスクラブが入っています。実は、研磨剤を使うと歯のエナメル質を傷つけるので虫歯の原因や歯が汚れる原因となります。エナメル質に傷がつくと、その傷の間に汚れが溜まりやすくなるからです。歯を白くするために研磨剤を使って逆に歯が汚れやすくなるのでは意味がありません。スクラブはプラスチックから出来ていて、健康に良くないということが最近になって報道されるようになってきました。スクラブは歯と歯ぐきの隙間に溜まり、プラスチックであるため溶けることもなくずっと留まり続けるからです。

ステインを除去して歯を白くするには、ホワイトニング用の歯磨き粉やジェルがおすすめです。ステインを浮かせて除去するような成分が配合され、研磨剤が入っていないものを使いましょう。そのようなものは3千円ほどからあります。筆者が使って良かったのはこちらのホワイトニングジェルです。


おすすめ度No.1のホワイトニングジェルはこちら

更新履歴